カードの限度額



クレジットカードには、使用できる額が定められています。 統計的にはクレジットカード会社が、利用申し込みをした人の年齢、年収、職業等の属性を調査し「スコアリング」に基づいて、限度額が決定されます。 その後、カードの決済額や、過去の延滞の有無などのカード利用実績によって、ここで限度額を上げることもできるようになります。 カード会社から「利用可能の枠を上げることができます」というお知らせが封筒で届くこともあります。 一方で延滞の履歴などがあると、利用できる限界の額が極端に驚くほど、ここから低く下げられることも実際にはあります。 流れを見ると加入したばかりのときは、5万円〜50万円の範囲内でとなります。 やはり、これは法律で定められていることがかなり多くあります。 既存のどこの会社でも平均よりかなり多いです。 会員としてのランクが上昇していくと、300万円といった多額の利用ができるようになる場合も当然あります。
TOP


上限額を徐々に上げていく



クレジットカードの限度額は「必ず上げなければならない」ものではありません。 最善策はまずは、ご自身の生活スタイルなどに合わせて、上限を決めるのも良いでしょう。 やはり、この問題を考える時に特に注意が必要なのは「海外旅行に行くので、旅行代金をまとめてリボ払いで支払いたい時も場面によってあります。 旅先でクレジットカードを使いたい」「結婚式の費用をまとめて一気にカード払いで支払いたい」などの要望や場合です。 これらの理由があれば、カード会社によっては一時的に限度額を上げるなどの、一般的には審査の後に適切な対応を確実にしてくれます。 それを踏まえて、まずはカスタマーセンターに連絡をして状態を把握してみましょう。 もちろん、絶対に電話一本でこの対応をしてくれるわけではなく、やはり、どこを探しても当然のことですが何らかの審査はあります。 結果このような場合には時間に余裕を持って、この手続きをお願いしましょう。
優良店